私たちについて

『アーキノート』は、”Architecture”(建築)と、”Note”(楽音)を組み合わせたものです。
アーキノート設計室は音を奏でる建築空間をデザインし、
音楽家・音楽愛好家たちへ豊かで居心地のよい音楽活動・暮らしの場を提供することを使命としています。

ごあいさつ

portrait1

 

“哲学者シェリングは「建築は凍れる音楽」と言い、詩人ゲーテをはじめドイツ・ロマン主義者たちがこの美しい言葉を愛した”

こんにちは、アーキノート設計室の紅谷です。
建築と音楽、どちらも私のライフワークであり、この2つの芸術分野を結びつける「建築は凍れる音楽」は好きな言葉のひとつです。建築の様式美、比例と反復、空間を移動すると景色が刻々と変化してゆくことは、音楽に通じるものがあります。

私が生まれ育ったのは音楽とは縁のない家庭でしたが、当時の習いごととして流行っていたピアノをやることになり、次第にのめり込むように。大きくなったらピアニストになりたい!と親に宣言するもうちは音大に入れるような余裕はないから無理だよと諭され、わりと素直にあきらめた私・・・。
建築家だった父の背中をながめていたからというわけではないですが、建物や図面を見たり、部屋の模様替えをするのが好きだったことから、自然と建築の道を選びました。

大きな建設会社に就職しましたが、やはり何らかのかたちで音楽に関わりたいと思い防音音響施工会社に転職。そこでは多くの音楽家や音楽愛好家――なかには世界で活躍するピアニストや、紅白に出るような歌手も――との出会いがありました。

  • 音漏れの苦情に日々悩まされていた方から、感謝のお手紙をいただいたこと
  • 自分が設計したホールのコンサートで建主さんの演奏を聴いたこと
  • 防音室を施工したときはまだ小学生だったお嬢さんが成長してピアニストになり、リサイタルにご招待いただいたこと
  • ピアノ教室をつくった先生に誘われて発表会に出演させていただいたこと

・・・などなど、さまざまな経験を重ね、これこそ自分の天職だ!と思えるようになりました。

先代の設計事務所を引き継ぐにあたり、防音工事・音響設計を手掛ける建築設計事務所として特色を出してゆくことにしました。
音楽を愛する人の住まいがどうあるべきか、住空間と音楽空間を一体に考えデザインすることをコンセプトに、手づくりの楽器を一つ一つつくるような心持ちで丁寧なしごとをご提供できればと考えています。

スタッフ

紅谷信行

紅谷 信行 Nobuyuki BENIYA

室長/プリンシパルアーキテクト principal architect & CEO

略 歴
1972千葉県生まれ。3歳よりピアノを習い始める
1997千葉大学大学院修了。工学修士(建築学)
西松建設株式会社入社。施工管理、建築積算業務担当の後、本社建築設計部にて学校、病院、マンションなどの設計業務に従事
2004株式会社アコースティックエンジニアリング入社。ピアノ室、ドラム室、レコーディングスタジオ、オーディオ・ホームシアターなどの防音工事・音響設計と、住宅・店舗の新築、リフォームを担当
2015個人住宅向け防音室に特化して分社した株式会社アコースティックデザインシステムに転籍
2016同社取締役に就任
2021同社退任。17年間で手掛けた防音音響工事は530件を超える
紅谷設計事務所を継ぎ代表に就任。アーキノート設計室に改称

資 格
一級建築士、一級建築施工管理技士、既存住宅状況調査技術者、VEリーダー

好きな作曲家
ドビュッシー、フォーレ、モンポウ、ショパン、バッハ

好きなピアニスト
エマール、ロルティ、ルヴィエ、シフ、藤井一興、小川典子、高木竜馬
スティーヴ・ドブロゴス(jazz)、アレッサンドロ・ガラティ(jazz)、ビル・エヴァンス(jazz)

好きなミュージシャン
フィリップ・ヘレヴェッヘ(指揮)、ヌリア・リアル(ソプラノ)
セリア・ネルゴール(pops)、スワン・ダイヴ(pops)、タワー・オブ・パワー(funk)
ダニ&デボラ・グルジェル・クアルテート(MPB/jazz)、アントニア・アヂネー(MPB)

小笠原清隆

小笠原 清隆 Kiyotaka OGASAWARA

パートナーアーキテクト partner architect

略 歴
1978品川生まれ。8歳よりヴァイオリンを習い始める
2003新潟大学大学院修了。工学修士(建築学)
松井建築研究所、マツザワ設計勤務。RCマンション、木造住宅の設計監理業務に従事
2012株式会社アコースティックデザインシステム入社。ピアノ室、弦楽器室、ドラム室などの防音工事・音響設計を担当
2021同社退社。9年間で手掛けた防音音響工事は250件を超える
小さな音の設計室 開業
若手音楽家育成のためのNPO法人「音楽のかけはし」を設立、副理事長を務めるヴァイオリンを為貝智子、岩谷裕子、奥村和雄、ライナー・ホーネック、石井啓一郎の各氏に師事。2018年よりオーケストラノットのコンサートマスターを務める

資 格
一級建築士

好きな作曲家
バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン

好きなヴァイオリニスト
イヴリー・ギトリス、フリッツ・クライスラー

アクセス

南青山オフィス

〒107-0062
東京都港区南青山2-2-15-9F
03-6822-5876

Google MAP ≫

地下鉄銀座線・半蔵門線・大江戸線
青山一丁目駅 徒歩1分

お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用ください
担当者不在のことがあるためアポイントを取ってお越しください

南青山オフィス

千葉スタジオ

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央1-10-10
シャンボール第2千葉中央411
043-400-2746

Google MAP ≫

JR総武線・京成千葉線 千葉駅 徒歩10分
京成千葉線 千葉中央駅 徒歩8分
千葉都市モノレール 葭川公園駅 徒歩4分

お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用ください
担当者不在のことがあるためアポイントを取ってお越しください

千葉スタジオ

事務所概要

事務所名アーキノート設計室 一級建築士事務所
所在地南青山オフィス 03-6822-5876
〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15-9F
千葉スタジオ 043-400-2746
〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央1-10-10 シャンボール第2千葉中央411
創 業1969年12月
代表者紅谷 信行(べにや のぶゆき)
事業内容楽器練習室/コンサートホール/レコーディングスタジオ/オーディオ・ホームシアター等の防音音響設計施工
住宅建築設計/インテリアデザイン
リフォーム/リノベーション/コンバージョンデザイン
建築物の調査/診断/ホームインスペクション
上記すべてに付随するコンサルティング
沿 革1969年 紅谷設計事務所創業。代表は紅谷公道。個人住宅からオフィスビル、ホテル、工場などの意匠設計および構造設計、特殊な構造設計(擁壁、プール、ゴルフ練習場の外周ネットなど)まで幅広く手掛ける

1986年 株式会社アイエス設計として法人設立。従業員が増え多数のプロジェクトが同時進行する


2001年 代表者高齢により事業規模を目の届く範囲に縮小。個人事務所に戻す


2021年 紅谷信行が代表に就任。アーキノート設計室に改称、防音音響設計事業を始める